心に残る名作RPG

Posted by in ゲーム

名作RPGといえば、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーが有名です。
しかし世の中には驚くほどのポテンシャルを秘めているにも関わらず
不運にも有名ソフトの影に埋もれてしまった名作がたくさん存在します。

光が強ければ影もまた濃い

今日は今更ながら、そんな愛すべきRPGを紹介します。

“サンサーラ・ナーガ2”

1994年にビクターエンタテインメントからスーパーファミコンで発売された
当時のRPGとしては極めて異端で、遥かに斜め上を行ってたゲームでした。

今思い出しても本当にイライラします。

プレイヤーをここまでいらつかせていったいどうするんだっていう
誰徳なシステムとゲームバランス。

異常なほど高いエンカウント率とテンポの悪い戦闘。

破壊される装備。

世界各地に存在する立ち食いそばのチェーン店や
話掛けるだけで突然襲い掛かってくる村人。

当時小学生高学年だった僕を極限状態まで追い込んだ
数々の極悪イベントが今でも忘れられません。

そんな迷作RPG、サンサーラ・ナーガの製作スタッフですが

ストーリー・脚本は超有名監督、押井守。

音楽は甲殻機動隊や東のエデンなどを手がけた川井憲次。

今考えれば、すごい人たちが関わっていたんだなって驚きます。

今後ここまで絶望するダンジョンは存在しないだろうという
嫌がらせとしか思えないラストダンジョンを突破出来れば
感動のエンディングで

・・・・・えっ?

当時の僕には意味がよくわかりませんでした。

エンディング終了後、これはもう一度クリアしてエンディングを見直すか・・・
と考えていた矢先、まさかのセーブデータ強制消去。

いやもうホントに過激というか刺激が強過ぎるとか

そんなレベルじゃない。

データ末梢とか狂気の沙汰としか考えられない。

時代が時代なら確実に炎上です。

そんなわけで

終わり良ければ全て良しという悪いところを帳消しにする魔法のことわざがありますが
このゲームにピッタリ当てはまるのではないでしょうか。

興味を持たれた方は是非、サンサーラ・ナーガで衝撃の輪廻転生を体感してみてください。