知っておきたい3つの新星USメタルコアBAND

FTF/ 1月 15, 2012/ Metalcore/ 2 comments

Metalcore US前回「知っておきたい3つの新星UKメタルコアBAND」という記事を書きましたが、今回は世界最大のメタルコアマーケットが存在するメタルコアの本場、「アメリカ」のバンドにスポットを当ててご紹介したいと思います。

 

強力なライバルたちが犇めき合い、互いに切磋琢磨しながら常にシーンの最前線を切り開いて進むUSメタルコア勢ですが、当然その動きはトキ!世界中のファンから見守られ、注目を集めています。
アメリカで有名になるということは世界で有名になるということと言っても過言ではないので、バンドが抱えるプレッシャーたるや途方もないものだと思います。

大きなマーケットがあるということは、大きな成功やチャンスが掴める!…かもしれない!と考えるのが自然だと思いますが、それだけ同じ目的・目標を持った同士たち(ライバル)が多いということでもあります。

毎年、新しいバンドが次から次へと生まれては消えていく実力社会の中で、それでも強くたくましく生き残って成長を続けるバンドがどれほどすごいのか…僕には検討もつきません。

またしても前置きが長くなってしまいましたが、そんな厳しい競争を勝ち抜いて来た世界トップレベルのタフガイたちをご紹介します。

Blessthefall

結成:2004
レーベル:Fearless Records

“Mayday Parade”や”Tonight Alive”などジャンルに縛られず、シビれるバンドを多数抱えるFearlessのメタルコア部門代表!

日本には何度か来日しているので馴染みのある方やファンの方も多いのではないでしょうか。このバンドは他のバンドと比べて何がいいの?と聞かれれば、僕にはセンスが(・∀・)イイヨ!!あとボーカル(Beau Bokan)の体型がカッコイイヨ!!としか言えません。楽曲に目新しさやサプライズはありませんが、アルバムを出す度に上がる作品クオリティーとバンドの伸び代の果てしなさにコスモを感じてください!

※2007年にリリースした1st Album「His Last Walk」のボーカルは、元”The Word Alive”そして現”Escape the Fate”のボーカル”Craig Mabbitt”。それ以降は現ボーカルの”Beau Bokan”です。

Guys Like You Make Us Look Bad –

Promised Ones –

 

Miss May I

結成:2006
レーベル:Rise Records

世界中から選りすぐりのメタルコア優等生が揃う”Rise”の中でも、一際強い輝きを放つ”MMI”!
アグレッシブなギターの単音高速リフとメロディアスなメロディーセンスは、間違いなく若手トップレベル!攻めるところは攻め倒して、落とすところは落とし尽くす。そんな基本的なテクニックの使い方が抜群に上手いです。

そしてなんと言っても、注目すべきはボーカルのスクリーム。この顔で怒鳴られたら多分泣く、いや絶対泣く自信があります。それくらいエモいです。
よく「ギターは顔で弾く」なんていいますが、まさに顔でスクリームしている素晴らしい例。日頃のストレスを吹き飛ばしたいときなんかに聴くと最高です!個人的には”Hopes Die Last”以来の衝撃を受けました。あと、メンバーがみんな若い(20歳前後)です。

Forgive and Forget –

Relentless Chaos –

 

We Came As Romans

結成:2005
レーベル:Equal Vision

ロック色の強いバンドやポストハードコアバンドが多い”Equal Vision”からは珍しいメタルコアバンド。レーベルとしては得意な分野ではないかもしれませんが、それだけ”WCAR”が魅力的だったと言うことでしょう。

力強い”David”のグロウルと天使のような歌声を持った”Kyle”の対照的なボーカルが作り出す強烈な透明感。これが楽曲に独特の浮遊感を与える良い仕事をしています!バンド数が多く飽和状態と言われているメタルコア界でも、これだけ対極な組み合わせは稀です。

エレクトロの使い方もあげぽよな感じというよりは、楽曲のスケールをアップさせるために使用していることが多く、バンドの個性を形成する上で大きな要素になっています。

To Move On Is To Grow –

Mis//Understanding

以上、2012/1月現在で何としても押さえておきたいUSメタルコアBANDを3バンドご紹介しました。

UKとUS、各3バンドづつ悩みに悩みぬいた末の選出でしたが如何でしたでしょうか(レーベルを分けたかったという個人的なこだわりもありました)。記事をざっくり読んだ上で、改めて聴き比べてみるのも面白いかと思います。

さてここで、あれ…UKバンドと比べてUSバンドって言うほど新生ってわけじゃなくね?と思われる方もいらっしゃると思いますが、それだけ本場は厳しいということです。

猛者が犇めき合う戦場で耳の肥えたリスナーを相手に売れることは容易いことではありません。並大抵のルーキーではない限り、ある程度時間が掛かってしまうのは致し方ないことです(UKの方が実力が低いとかそういうことではありません)。

次回はこれまた定義が曖昧な「知っておきたい3つの新生ポストハードコアBAND」をお送りしたいと思います(`・ω・´)ゞ
FTF、ご期待ください。


2 Comments

  1. Pingback: 知っておきたい3つの新星UKメタルコアBAND | First To Fight Official Blog

  2. Pingback: 知っておきたい3つの新星ポストハードコアBAND | First To Fight Official Blog

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">
*
*