また行きたくなるほど楽しかったライブ [2012年]

FTF/ 11月 28, 2012/ 音楽/ 0 comments

小さなライブハウスから大きなフェスまで、そこそこの本数のLIVEへ足を運んだ私が思い出と共にびっくりするほど楽しかったライブをベスト3にまとめました。

 

 

1.  A Day To Remember
日付:3/21(水)
場所:渋谷 クラブクアトロ

タフガイ・タフボーイを骨抜きにするパフォーマンスで堂々の一位。オープン直後から本場のタフガイで溢れ返るフロアと飛び交う奇声。お札を握りしめたタフガイに大量消費されるアルコール。その異様な熱気と空気感は「あぁこれはとんでもないところに来てしまった」と震えてしてしまうほど。

一曲目の「The Downfall of Us All」から尋常でない盛り上がりで始まり、そのテンションのまま「The Plot to Bomb the Panhandle」でフィニッシュ。

最前線のガチアーミーたちの興奮がキッズの闘志を炊きつけ、終始ありえないほどのハイテンションがフロアを支配。素晴らしいバンドと最高のオーディエンスがガッチリと噛み合った至福の日米コラボは同盟国の真骨頂!ライブに参加できる曲の”強さ”と”楽しさ”をあらためて再確認しました(´-`)

余談:神奈川の基地を中心に集結したと思われるアーミーたち。その鍛え抜かれたボディーで繰り出されるモッシュの味は格別。「2nd Sucks」直前にいち早く危険を察知して後方へ避難するも、パンプアップを終えたタフガイに見つかり「Ready?Ready?you Ready!?」と(モッシュピットへの参加を)確認される事件が発生。僕が震え上がったことは言うまでもありません。

 

2. Yellowcard
日付:9/13(木)
場所:SHIBUYA-AX

年に一度はイエローカード。真の実力者である彼らのライブは、CDの再現度ぶっちぎりナンバー1!ブレない超絶ドラムに最後尾まで突き抜けるボーカルはまったり観たいファンにも一安心。チケット代が高いと躊躇してしまうのは本当にもったいない!一流ロックバンドへのチップだと納得しましょう。

2階もアリだなと本気で思うお年頃になってきました!

 

3. B[T]B (BEYOND[THE]BLUE) Tour 2012
日付:6/8(金)
場所:新宿 Wild Side Tokyo

世界中から若手人気バンドが大集合する恒例の神イベント。Warped Tourの巨大ステージでもプレイするバンドを間近で見られる贅沢さとは裏腹の控え目な観客数はライブ七不思議の一つ。さっきまで演奏していたバンドメンバーが隣でモッシュ。iPhoneでメール送信。なんてサプライズがあるのはBTBだけ!

「Heroes For Hire」から「ME vs HERO」、「With The Punches」のコンボで失神しないポップパンクファンが世界で一体何人いるんでしょうか。ありがとうございます!

「Every Avenue」の後は「Mayday Parade」で〆。この非人道的な流れは居酒屋後のラーメンをも軽く凌駕する圧倒的熱量。素晴らしいイベントへのせめてもの気持ちと、大して飲めないお酒を多めに飲んでライブハウスへ還元。

さて、ここでベスト3を選び終えて思うことが一つ。メタルコア系のライブが全てランク外。

これは一体どういうことか・・。メタルコア(ポストハードコア)は今年もっとも聞いた音楽。ぜひともスピードワゴンさんにご解説願いたい。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">
*
*