DROP DEAD CLOTHING 勉強会

ftf/ 8月 2, 2010/ バンド, ファッション, 音楽/ 0 comments

こんばんは、ラッシャー木村です。

明日は”Freshman 15“の新作EP”Talk of the Town”が発売ということで
当店(First To Fight)でも取り扱っている”DROP DEAD CLOTHING“について
みなさんと一緒に勉強していきたいなと思います。

DROP DEAD CLOTHING

イギリスのヨークシャー州を拠点に活動しているデスコアバンド
Bring Me the Horizon“のボーカル”オリヴァー・サイクス
(Oli Sykes)が会社を設立し、オーナーを務める服飾ブランド。

バンドメンバー自らが積極的に着用し、ファンはもちろんのこと
そのファッション性の高さから”A DAY TO REMEMBER“や
Lost Prophets“などの人気バンドもブランドを愛用している。

現在はTシャツだけでなく、スウェットやボトムス、アウターに至るまで
幅広く展開し、今年(2010年)の5月にロンドンに一号店となるショップ
(実店舗)もオープン!

本国イギリスでは、若者を中心に今もっとも勢いのあるアパレルとして
注目を浴びています。

・・・というわけで、UKで大人気の”ドロップ・デッド・クロージング“ですが

日本でも人気が出ないわけはない!と

日本でも人気が出るんだ!と

「つーか、これからっしょ」とひら

当店でも少数ではございますが、取り扱っております!

First To Fight – DROP DEAD CLOTHING

特に「初めての一枚」で個人的にオススメなのは

DROP DEAD CLOTHING – Stacked Tee Guys

DROP DEAD CLOTHING – Spacewolf Guys

この二枚なんですが、Stacked Teeの方はプリント部分が厚いので
今の時期だとそこに熱が篭って暑いかもしれないです。

個人的な意見として、ドロップデッドが良いなと思うところは
まず、デザイン性の高さは言わずもがな…なわけなんですけど
ボディーの質の高さ」と「形の良さ」です。

過去には”Drop Dead”も”American Apparel(アメリカン アパレル)”を
ボディーとして使用していましたが、現在は全てオリジナルボディーです。

ちなみに、自分が持っているアメアパと比べても(ボディーの)
形は似ている(タイトで着丈は長め)と思いますが、生地が肉厚です。

ユニクロ的なUT生地と言えばイメージし易いかもしれません。

アメアパのTシャツが好きで、デザインも気に入った!!
おまけにサイズまでピッタリだよ!!

という方がいらっしゃいましたら、満足度も高いかと思います。

当店のサイズのバリエーションが乏しいので
タフガイの方々には申し訳ございませんが
ご希望サイズの入荷リクエストを頂ければ幸いです。

I refuse!
I refuse!
I refuse to close my eyes

(*´ω`*)


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">
*
*