Yellowcard – Live At “恵比寿 LIQUIDROOM”

ftf/ 2月 17, 2011/ バンド, 音楽/ 0 comments

2011/2/17(木)

[Yellowcard Japan Tour 2011“恵比寿 LIQUIDROOM”]

残念ながらSold Outにはならなかったようで、スペースにはけっこう余裕が。
平日だからなのか、アルバム発売前だからなのか、宣伝不足だったのか
理由は定かではありませんが、次の来日ではたくさんのファンで埋まることを願ってます!

ライブは押すことなく19:00にスタート。
前座は和製Yellowcardと称されていたこともある”BIGMAMA”
ボーカルの「見ての通り、Yellowcardに憧れて始めたバンドです」
この一言にシビレました。

憧れのバンドの前座ができるなんて
いったい、どれくらい嬉しいことなんでしょうか。
そういえば、TOTALFATも同じことを言ってたなぁ(´-`)

それにしても”L.P.”のドラムはんぱねぇ・・・
とんでもないモンスターですわ。

リズムとパワーの安定感が完全にばいやーです。

音は聴きやすいしやたら抜けるわで、今まで自分が観たバンドの中で
ぶっちぎりで凄腕のドラマーだと思います。

途中のドラムソロもっと長くても良いのに・・・(´・ω・`)

ライアンもCDに限りなく近いクオリティーですごいボーカリストなんだなと再認識。日本語もいくつか覚えていたみたいで
「水飲ませてください」
「どもー」
なんて、お茶目な一面も。

メンバーは観客の声援に終始答えたり、ピックやタオル、スティック、
ペットボトルなどガンガンぶん投げてました。

セットリストは大阪・名古屋公演のものとおそらく同じ
(Ocean Avenue ~ Paper Walls中心)だと思います。

時間にして、1時間30分くらい(20:00 – 21:30)
物販は”Tシャツ(2種類:ブラックとイエロー)”と”CD”のみ。

Tシャツ(¥3,500)購入者限定でメンバーのサイン+握手のコンボという
豪華なファンサービスがあり、ミーハーな自分は2択のデザインから
一枚を選んで(イエローのSサイズ)ライブ後にwktkしてフロアで待機。

去年に加入したベースのショーンめっちゃ好感持てますわー
スマイルが綺麗ですわー

ちなみに、サイン&握手の順番は
ショーン(Ba) → ライアン(Vo) → ライアン(Gu) → ショーン(Vi) → L.P.(神Dr)

ギターのライアンがあからさまに
サインと握手に飽きちゃった的な雰囲気を出していたのが印象的でした。

メンバーが使用していた機材は、
ギターアンプはキャビが”KRANK”でベースアンプは”AMPEG”
ヘッドはギター・ベースともにステージ上に置かれておらず、不明。
ギターは二人ともギブソンのレスポール(上手はカスタム)を何本か持ち替えて演奏。

ベースはフェンダー(シリーズなど詳細は不明)
エフェクターはライアン(Vo)がLine6のFloor POD Plusっぽいもの(Line6は確定)とBossの白いコンパクト(チューナー?)を繋げてフロアに設置。

ライアン(Gu)側は遠くて暗いのでよく見えず。でもLine6を足元に置いてあることは確認。

http://www.youtube.com/watch?v=z_OGynO-e8o

最後に、この曲でできたサークルピットに片腕を持って行かれて
曲どころじゃなかったことは秘密です。

Yellowcard → バンドTシャツ(First To Fight)


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">
*
*